いい気にふれる

どうも今日は体に力が入らない。こう感じる日が、ときにはあると思います。

そんなとき、みなさんはどんなことをしますか?

僕は元気のないときは、元気になれる「いい気」のある場所にいきます。

今回は、そういう観点から記事を書いていきたいと思います。

■新しいもの、きれいなもの、自然には「いい気」がある

僕は、「いい気」のある場所に行くと、自然と元気が出てくるような気がしています。

近場なら、服や雑貨が売っているショッピングモールに行ったり、芸術鑑賞できる美術館に行きます。

また連休があれば、自然のある場所に旅行で出かけます。

新しいものやきれいなものがたくさん置いてあるところに行き、それを眺めてみます。

そうしていると気がつけば、エネルギーをもらえて元気になるということが結構あるんですよね。

また、そういう場所は人ごみが比較的多い場所でもあります。そういうところばかり行っていると疲れてしまうときもあります。

ですので、反対に静かで自然が豊富な場所にも出かけたりもします。

自然のマイナスイオンを感じて気持ちがフレッシュな状態に戻る。そんな感覚になります。

気分が落ち込んだら、「場所」を変える、これが大事です。

■自分が何に「いい気」を感じるか把握する

このときにどんな「場所」でいい気を感じるか、これは人それぞれかもしれません。

どこに行ったら自分が「いい気」をもらえるか。これを意識すると、モチベーション管理に関して、何か新しい発見があると思います。

気分が落ち込んだまま、じっとしているだけではモチベーションを上げるのは難しいですよね。

取りあえず、場所を変えて、自分が「いい気」をもらえるなと感じる場所に行ってみる。

特に用事がなくてもそんな場所を歩く、またはボーっとするということでも結構気分が変わります。

もしよかったら、参考にしてみて下さいね。