それをお金で買いますか 市場主義の限界

お金と倫理について考えさせられる一冊です。

お金と倫理観について考えさせられる様々な事例について考察しており、具体的な事例に沿ってこのテーマについて考えることができます。

具体的にこうすればよいという「正解」を学ぶというより、一度こういった問題を自分なりに考えてみることに価値があります。

資本主義が高度に発展し、今までお金の問題が関わらない分野にもお金が絡んできている。

この事実を受け止め、どこまでそれを認めるか。

こういった問題について考えることができる貴重な一冊なので、ぜひ読んでみて下さい。