新しい時代のお金の教科書

お金の本質を学べる一冊です。

以前に紹介した同じ著者の作品である「なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?」に比べると、お金の未来に焦点の当たっている内容になっています。

ブロックチェーン等新しい経済の形が出てきていますが、この本ではさらに時間がお金になる経済、そもそもお金がない経済についても言及しています。

数十年のスパンでお金がこれからどうなっているか壮大なスケールで描かれています。また、図解等も適宜書かれており、ビジュアルからも理解が進む内容になっています。

全体的には、平易な言葉で書かれていますが、抽象度が高くやや理解するのが難しい部分があるかもしれません。

ただ、数十年の長いスパンでお金の未来というテーマで書かれている数少ない作品ではあります。

お金の未来について向き合いたい方には、ぜひ一度読んでいただきたい一冊です。