田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

鳥取県で天然酵母を用いたパン作りをしている店主さんの著書です。

パン作りの方法と経済という変わった組み合わせの本ですが、資本主義の良い点と悪い点、新しい経済のあり方を考えるヒントになる一冊です。

以前、ご紹介した「ゆっくりいそげ」とも似ているテーマの本ですが、マルクス経済学についても書いている点がさらに特徴的です。

また、自然の摂理と経済のあり方が似ているのではないかという視点もあり、こちらも特徴的です。

伝統的な経済学、新しい経済のあり方のヒント、両方をパン屋さんのお話を通じてわかりやすく学ぶことができます。